サービスピルといった低実力ピルの違い(呑み方法、もくろみ、成功率、反発)

もてなしピルと一般的に使用する低キャパシティピルがありますが、こういう二つの違いはどういった部分にあるのでしょうか。

 

 

使い道

 

ひとたび大きな違いとしてあるのが使い道になります。
ピルは一般的に望まないおめでたを防ぐために使用されますが確実におめでたを防ぐためには四六時中呑み積み重ねる責務もあり、ときどき婦人病の警護や体調管理にも使用されます。

 

そういった時に低キャパシティピルはカラダへの恐怖が少ないので四六時中利用しやすいという特徴があります。

 

一方のもてなしピルは不時避妊薬という言い方からも分かるように性行為で避妊に失敗した場合後から飲み込むものとなりますので大きな違いがあります。

 

呑みお客

 

呑みお客の違いになりますが、先に飲み込むか、後ほど飲み込むかが大きな違いとなります。
低キャパシティピルは呑み方も習性がありまして、ホルモンばらまきによって飲みますので錠剤の呑むジャンルやステージが違う。
もてなしピルは性行為下一般的に72時間以内に服用する必要があり、その時間内に飲めば精子が子宮内に着フロアーする事を防ぐ事が可能です。

避妊成功率

 

気になる避妊成功率の違いですが、低キャパシティピルは四六時中呑み積み重ねる事によってざっと完全の形で避妊ができます。
もてなしピルは不時チックに使用するものであり確実におめでたを防ぐというものではないので注意してください。

 

中でも服用する時間が性行為下遅ければ遅いほどおめでたの可能性が高くなりますので避妊を考えている場合は72時間以内となっていますが、それよりも速い時間で服用した方が良いでしょう。

 

一般的にもてなしピルの避妊成功率は常時以内で95百分率と言われていますが、服用する時間にてレートは下がってしまいます。
このように低キャパシティピルといったもてなしピルの違いは呑みお客から使い道から避妊成功率まで激しく違っています。

 

反応

 

低キャパシティピルは概して反応薄いのに対し、もてなしピルは反応が深く生じるケー。
それはもてなしピルの方がホルモンのキャパシティが多いためだ。

 

もてなしピルを常用するよりも低キャパシティピルを呑むのが奨励

 

もてなしピルは避妊に失敗しても服用すればいいという手軽さから連続して呑み続けてしまい、常用やる状態になってしまってある方も少なくありません。

 

もてなしピルは人体への悪影響を考慮するという常用は避けるべきであり、常用してしまうと反応の域も強まってしまう。

 

しかも、あくまで不時方策として組み入れる薬剤なので常用する目的では製造されておらず、短期間に多量のホルモンを摂取してしまうことになるので人体に関する恐怖は甚大なものになります。

 

そういった場所から常用を増やすといった、元来のホルモンのばらまきが乱れてしまうので、伴侶って作用を行う度に取り入れるのは好ましくありません。

 

具体的に起こり得る悪影響としては頭痛を始め吐き気や消耗、ミルクの張りがありこれらは故意にホルモンのばらまきを変えたことが誘因だ。

 

体躯はホメオスタシスが備わっているので毎日から2お天道様後には元の状態に戻っていきますが、ゼロ週後にもう一度飲むと完全に元に戻った途端にもう一度悪影響を与えることになるので、非常に大きな悪影響に繋がります。

 

もてなしピルをとにかく服用した下セックスを定期的に立ち向かう伴侶がいるなら避妊を確実にするためにも避妊成功率といった反応など人体への結末を考えて低キャパシティピルを呑むのが人体にも優しいだ。

 

>低キャパシティピルはこいつ

 

>アフターピルトップへ