ノルレボ

 

望まない受胎をするとその後の暮らしが広く変わります。

 

避妊に失敗したターゲットが旦那で結婚する予定だったので早まっただけの事であれば何も支障はありませんが、出来れば計画的に受胎したいですよね。

 

避妊のためにコンドームを着けていても飛びてたまたま失敗してしまった時のためにアフターピルは有効です。

 

ノルレボは望まない受胎をしないためのエマージェンシー類に服用する避妊薬だ。

 

そうしてノルレボは日本ではじめて認可されたアフターピルとして知名度のおっきい薬だ。

 

万が一のために保険としてアフターピルを購入するそれぞれが増えています。

 

ノルレボは主成分レボノルゲストレル1.5mgブレンドで性交年月72時間に服用します。

 

終日以内の飲用で95パーセンテージの避妊成功率があります。

 

時が経過してしまうと段々避妊反響が褪せるので要注意です。

 

望まない受胎をした時にノルレボを常備薬として置いておくと安易出来ます。

 

ノルレボの反作用

 

反作用があるのかはどんな薬を呑むのも気になるものです。
通販のように相談で医者に処方されないお薬なので尚更。

 

反作用の主な現象は嘔吐、お腹の痛み、膨らみ、消耗、むくみなど
ですがノルレボの反作用は一時的なものなので安心して下さい。

 

ノルレボの勘定

 

ノルレボは通販で購入するのは2000〜3000円のお値段だ。

 

もしも産婦人科で受診するとなると15000円〜20000円なるのでお薬だけほしいならば通販で購入したほうが引き続き安いです。

 

20000円支払うのなら約10回分のノルレボが購入出来る事になりますね。

 

ノルレボよりもノルレボのジェネリックのアイピルの方が勘定は安いです。

 

アイピルもノルレボと同じ材料ですので反響も一緒です。

 

やっぱりジェネリックはお断りというそれぞれにはノルレボがいいと思いますが、気にならないのならアイピルがおすすめです。

 

>アイピルはこちら

 

ノルレボ飲用で注意するべき店

 

受胎中ならばノルレボを服用するのはおやめ下さい。

 

またノルレボはエマージェンシーの時だけ飲用なのでたえず性行為する度に飲んではいけません。

 

ノルレボは産婦人科で処方される薬だ。
ジェネリックよりもノルレボが好ましいという方はとにかく〜

 

>ノルレボはこちら